教育費は、子の独り立ちまでの総額で考えよう

子育て世帯のお悩みナンバーワンといえば、教育費だと思います。あるデータによると、公立幼稚園は3年で69万円、私立幼稚園は3年で146万円。公立小学校は6年間で183万円、私立小学校は6年間で853万円。公立中学校は3年間で135万円、私立中学校は3年間で388万円、公立高校は3年間で116万円、私立高校は3年間で290万円といった学費がかかるそうです。「あれ、大学は?」と思った方、いらっしゃいますよね。大学はもう、ピンキリです。国公立であれば、どんな大学・どんな学部であれ4年間で約518万円ですが、私立大学は文系で4年間で約690万円、理系で812万円もかかるそうです。これを聞くと「子供ひとりに1000円万円」なんて言われているけれど、それでは全然足りない気がしますね。

もちろん、ご家庭が経済的に恵まれていて、お子さんも勉強がよくできて、どうしても行きたい大学・学部が私立大学の理系だというのなら、ぜひ行かせてあげたいところです。ですが、経済的に余裕がない上に、高校受験や大学受験で「滑り止めの私立しか受からなかった……!」なんてことになってしまうと、親子とも残念ではありませんか。

そこで、おすすめしたいのが、早いうちからの基礎固めです。学校の勉強についていけること、平均点はクリアしておくことが、将来の選択の幅を増やし、結果的に安くて良い公立の学校を選んで通うことができるようになります。具体的には、家庭教師の先生を呼ぶのが良いでしょう。大牟田市なら、デスクスタイルが良いと思います。>>こちらから体験授業が申し込めますので、まずは一度試してみませんか。