中学受験のメリット・デメリット

中学受験のメリット・デメリットをご存じですか?最大のメリットは「高校・大学進学が楽になる」という点ですが、逆にデメリットとして「本人や家庭に時間的・経済的負担がかかる」といった面もありますので、受験準備を始める前にしっかりと調べておきましょう。

中学受験にはメリットとデメリットがありますが、まずメリットとして代表的なものは「高校・大学受験で苦労せずに済む」という点です。私立中学の多くは中高一貫校となっているため、中学受験に成功すれば高校へはそのままエスカレーター式で進学できます。また大学進学に向けての早期からの教育指導や推薦サポートなどにも力を入れている学校が大半です。大学入試制度は2020年度に大きな変化がありましたが、そういった部分にも私立校は独自カリキュラムで素早い対応をしています。そうした点から、中学受験に成功すればその後の進学にあまり苦労せずに済むというのが大きな利点です。その他のメリットとして「一定以上の家庭環境の子供達が集まる」という特徴も挙げられます。同じ中学受験に成功した生徒やご家庭が集まるため、総じて教育意識の高い環境で子供を育てていけるのです。反面、そのデメリットとして「出会いの多様性が薄れる」とも言えてしまいます。様々な家庭環境の子供が集まる公立中学と比較すると、どうしてもその出会いは偏ったものになってしまいがちです。また「教育レベルが高すぎて子供が挫折する」という恐れもあります。これによって子供が勉強嫌いになってしまう可能性もあり、無理な中学受験はかえって子供の可能性を潰してしまう事にもなりかねません。そして「家庭への負担が大きい」というのも大きなデメリットです。受験に合格するための塾通いや合格後の学費など、一連の費用は公立中学への進学に比べて倍以上の金銭的負担となります。さらに受験をする当人だけでなく、それをサポートする家族も多くの時間と労力を割かなければいけません。

中学受験専門の家庭教師なら【麻布個人指導会】