効率的な名刺管理の方法を紹介します

商談などの機会が多い方は名刺が何枚もたまります。放っておくといつ、どこで、何の要件で会ったのか忘れてしまいます。では効率的に名刺を管理する方法はないのでしょうか?名刺の効率的な管理方法を考えてみましょう。

名刺交換する機会が多い方が悩むことの一つに名刺の管理方法があります。

名刺の管理方法を考える前に、必要な名刺と不要な名刺に仕分けることが大事です。必要な名刺とは、連絡を取ることがある方、取ることになるかも知れない方、それと特に印象に残っている方です。逆に今後会うことはないと思われる方は不要な名刺ということになります。

名刺の管理方法にはアナログ式とデジタル式があります。アナログ式は名刺交換する機会が少ない方に、またデジタル式は名刺交換する機会が多い方におすすめです。

アナログ式には、透明なビニールに綴じるという一般的な名刺ホルダー式、ノートにテープで名刺を貼っていくノート式、市販の名刺管理箱を使ったボックス式などがあります。

デジタル式には、ドキュメントスキャナなどを使うスキャナ方式や、スマートフォンのアプリを使うスマートフォン方式があります。

アナログ式で管理する場合は、名刺の裏にでも面談日、商談内容、その方の趣味、年齢等の個人情報を記しておくと役に立ちます。また不要な名刺は捨てる勇気も持ちましょう。そして引き出しに入れる場合は施錠できることが重要です。

名刺印刷・名刺作成の【名刺21】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>