家賃保証の流れについて解説します

最近の賃貸物件では保証会社が入るケースがかなり増えています。では家賃保証会社から保証サービスを受けるには、どのような流れで契約まで行くのでしょうか?賃貸物件の家賃保証サービスを受けるまでのおおまかな流れについてまとめてみましょう。

賃貸住宅においては借主が何らかの理由で家賃を支払わなかった場合、借主に代わって立て替え払いをする家賃保証サービスを利用するケースが増えています。その家賃保証サービスを受けるまでの流れを見ておきましょう。

初めて家賃保証サービスを受けるのであれば、事前に家賃保証会社に登録しておく必要があります。

家主側は実際に新たな入居者が決まった場合、賃貸保証委託申込書に必要事項を記入し、借主の運転免許証などの本人確認書類と一緒に家賃保証会社にFAXあるいは郵送します。この申込書は借主情報、連帯保証人があればその情報、物件情報、希望のプランを記入する必要があります。借主情報などは借主自らが記入することになります。

次に提出された契約書に基づき、家賃保証会社が審査を行います。その結果を家主側に書面で連絡します。

承認されたら正式な保証契約の締結に移ります。賃貸保証サービス契約書に本人、家主、(必要あれば連帯保証人)がそれぞれ署名捺印し、必要書類と一緒に送付します。連帯保証人が入る場合は印鑑登録証明書が必要になります。

さて家賃保証会社は契約の内容を確認し、家主側から保証料を支払ってもらいます。保証料が支払われた段階で、契約は完了します。

賃貸保証(家賃保証)とは – フォーシーズ株式会社

コンサルティングの進め方について

初めてコンサルティングを依頼する場合、どのように進められるのかが分からず不安になりませんか?コンサルティングの進め方やポイントは色々ありますが、まずは基本的な部分を押さえて不安を解消しておきましょう。

一言で「コンサルティング」と言っても色々な種類がありますが、基本的な進め方は変わりません。まずは現状を分析し問題点や課題がないか洗い出していきます。次に、それらをもとに改善案を出し、問題点・課題を解決するための計画を策定します。計画が出来上がったら実行に移し、どれだけの効果があったかの測定まで行います。このプロセスの中で必要があれば、事業所や工場等の現場視察や人事制度等の見直し、スタッフへの研修も行います。経営に関わることもあるため、プロジェクト期間は6ヶ月から12ヶ月ほどと長期間になることが多いです。問題解決も重要ですが、最終的にはプロジェクトが終了しコンサルタントが関わらなくなってもクライアント自身で運用を継続していけることが重要になります。また、問題解決のために、コンサルタントとクライアントが一丸となって取り組むことも重要なポイントです。

Webコンサルティング.jp

屋形船は少人数でも貸切にできる?

屋形船の貸切を検討したけど少人数なので諦めた、という経験はありませんか?屋形船にも色々な種類があり、宴会プランも豊富です。女子会や宴会、家族でのクルージングなど、貸切の屋形船で楽しい時間を過ごしてみませんか?

屋形船の貸切というと、大人数でないといけなくて敷居が高いようなイメージがありますが、実際はそうでもありません。10名前後からの貸切プランが多いですが、運営会社やプランによっては2名からの貸切利用も可能です。ただし、運営会社によってプラン内容や利用のための最小人数、最小人数に満たない場合の条件などがあるため、ホームページにしっかり目を通したり問い合わせしたりするなどして確認することをお勧めします。特に東京は川や湾がありその近くに観光名所も多くあるので、船の種類やプランも豊富にあります。女子会や会社の飲み会、家族での貸切や大人数での貸切など様々なシーンに対応しているのが屋形船の魅力です。その他、サービスも運営会社によって異なることがあるため、目的に合った会社やプランを探すのも楽しみの一つと言えるのではないでしょうか。

屋形船の窓口 yakata-fune.jp